現場作業員

外壁塗装工事の一般的な流れ

はけ

埼玉県内で外壁塗装を依頼できる業者には、リフォーム業者や専門の塗装業者などいくつか種類があります。そうした中でも外壁塗装を専門に行う業者の仕事ぶりを見ると、作業の工程にある程度共通した流れが見られることに気がつくものです。
塗装業者が作業を行う前には高所作業の安全を確保するため、専門の足場業者を使ってしっかりとした足場を組立ててもらいます。安全に作業できる態勢が整ったら塗装作業に先立って、高圧洗浄機を使った汚れ落とし作業を行うのが一般的です。埼玉県内の外壁塗装業者はこの高圧洗浄の工程を決して疎かにはせず、古い塗料などが残らないよう丁寧に実施します。高い水圧をかけて汚れやカビ・コケなどをしっかりと落とすことによって見た目がきれいになるだけでなく、塗料の密着性も向上して耐用年数が最大限に発揮できるようになるのです。
塗料の飛散を防ぐための養生作業と下地補修を経た後、塗料を使った塗装作業へと移ります。この塗装作業も専門業者は下塗り・中塗り・上塗りと3回に分けて行い、それぞれに適した塗料を使い分けるのが特徴です。最終点検で問題がなければ足場が解体され、外壁塗装工事も無事に完了となります。埼玉県内の住宅で外壁塗装を行う際には、こうした入念な工程で作業を進める専門業者に依頼するのが賢明な選択肢です。

注目記事

キャップ

老朽化が進んだ住宅の外壁塗装のポイント

住まいを購入したり新築してから10年程度経過すると、所有者の多くが建物のリニューアルについて考え始めます。しかし実…

もっと読む
TOP